2006年06月26日

希少動植物の保護

坂元守雄(2006年 06月 26日)


 5月末の宮日新聞に、「増やそう希少植物」のタイトルで、綾町の「希少植物を守る会」が、町内や近郊の自生地から採った希少植物の苗を、所有する山林で植樹会を開いて植えた、という記事が掲載されたので、「希少植物を自生地から採って他の場所に移植する行為は、保護行為ではなく、野生の希少植物を減少させる行為」との主旨で同紙の読者欄に投書したところ、その投書が掲載された日に早速、守る会から電話があった。「現地の希少植物は今のままでは絶滅するので、自分たちが保護する」という主張であった。野生植物を保護するということは自生地で保護することだ、といっても理解が行き届かないようであった。

 守る会の行為や同会とのやりとりは、県内の野生希少植物がおかれている深刻な現状を浮き彫りにしている。所有すること栽培することを目的にする人や販売を目的にする業者たちによって、県版レッドデータブックに記載された野生の希少植物は競って採取され、その数を減らしている。それぞれが自己中心的で環境や自然に対する配慮が欠けている。このままでは早晩、自生地の希少植物は姿を消すことになろう。

 現に、綾の森でも希少植物に出会うことは少ない。15年ほど前、綾の森が大好きという大牟田市の自称ナチュナリストの知人が、「綾の森でカンランを1株失敬した。カンランだから許してもらえるだろう」と手紙に書いていたことを思い出す。今、そのカンランを綾の森で見ることはできない。

 綾の森は、近年、その評価を高め国内有数の貴重な森になりつつある。その一方で、林内の希少植物の採取が後を絶たない。植物だけに止まらず捕獲禁止の野鳥が捕られ、保護動物のカモシカが撃たれたりしている。見た目だけの照葉樹の森になりかねない。実効のある保護策をとることが緊急の課題になっている。

 県は、この4月から「宮崎県野生動植物の保護に関する条例」を施行し、第1次として37種の動植物を指定し、罰則を設けて保護することにした。だが、守る会のように、指定種ではないといって採取する人たちがおり、自生地の希少植物の減少に拍車がかかる懸念もある。保護条例制定によって、野生の希少動植物がその数を減らすようなことになってはならない。

20060628094508.jpg

販売されている指定希少野生植物「ナゴラン」
posted by みやざきの自然 at 16:41| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

アカテガニの道路横断

林裕美子(2006年 06月 09日)


20060609145726.jpg

 照葉樹の防潮林の中を歩いていると、足もとを何かが走りました。アカテガニでした。足も入れると10cmくらいある大きなカニでした。よく見ると、仲間があっちにもこっちにもいて、草陰から私の様子をうかがっています。写真を撮らせてね、と話しかけながらカメラを近づけると、自慢のハサミを前に出して披露してくれました(私を威嚇しただけ?)。

 5月になると、満月の夜に山から海岸へ集まり、満潮になったらいっせいに海に入って産卵することで知られています。森から海岸へ出る途中に道路があると、横断中にひかれて死んでしまうカニが続出します。卵からプランクトンがかえり、ゾエアという子供時代を海で過ごし、子ガニになると陸へ上がってくるそうです。森へ戻るときはひかれないのでしょうか?

 カニに限った話ではありませんが、車の往来がある道路ができると、地面を行きかう動物の生活場所は分断されてしまいます。動物自身が交通事故に会って死ぬこともあれば、結婚相手が見つけにくくなって子供をつくれなくなったり、季節移動ができなくなって餌を探せなくなることもあります。

 そういえば、宮崎市の中心街も片側3車線の道路が十字を切って街を分断しています。ちょっと寄ってみたいお店はたくさんあるのに、道路を渡って反対側の店へ行くのがおっくうになります。車社会になったとはいえ、人が集まるはずの場所に車が次から次へと行き交うと、肝心の人が、いつの間にかいなくなってしまいます。道路は中心地を環状に取り囲んでいて、あの広い道路が楠並木の木陰がある公園のようになっていて、疲れたら休めるベンチが置いてあったりしたら、楽しい街になるのにと思うこともあります。カニの話だったはずが、少々脱線しました。
posted by みやざきの自然 at 17:35| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

高岡の広葉樹展示林

坂元守雄(2006年 05月 30日)


20060530084538.jpg

 高岡の山下から林道を4キロほど入った去川国有林内に、九州森林管理局の森林技術センターが管理する技術開発試験地がある。

 技術開発試験地とはどのようなところかというと、シイ、カシ、タブ、クス、ケヤキなどの有用広葉樹の育成技術を確立し、実証データを収集して人工林の施行体系化を目的にしている展示造成林である。現在、約4ヘクタールの区域に47種、1万2千本が植栽されている。

 域内は各樹種が整然と植栽されており、その中に、メーンの路が最上部まで通じ、その道から幾筋もの進入路がつくられていて、どの樹種のところにでも行けるようになっている。最上部は広場になっており展望もよい。

 入口には門扉があるが、いつでも誰でも入ることができる。一番便利に思ったことは、樹種の名を、他の樹種との幹の違い、葉の違いを観察し比較しながら覚えることができることである。例えば、誰しも迷うことのある、シラカシとウラジロガシ、スダジイとコジイ、クヌギとコナラなど、ここでは葉を手にとって比較できるので違いは明らかにわかる。生きた植物図鑑である。大人も子供も楽しく樹木の学習ができる場所ではないか。

 道は、山下の集落から入れば標識もあり迷うことはない。沿道の谷川の眺めも気持ちを清浄にしてくれる。
posted by みやざきの自然 at 16:39| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

赤江浜の人工リーフ

(2006年 05月 26日)


 宮崎市の赤江浜は、清武川から北へ、宮崎空港の滑走路が海へ突出する部分までの4kmの浜です。地元の地名をとって松崎海岸とも呼ばれます。中央部2kmには傾斜護岸がありますが、その南北にはかろうじて砂浜があり、毎年夏にはアカウミガメが産卵のために上陸してきます。2005年夏には149回の上陸が確認されています(このうち産卵は86回)。

 ところが、一昨年の台風で砂浜が大きく浸食されました。災害復旧事業が行なわれることになり、昨年の秋から、南の1.5kmほどの区域に、浜と平行にコンクリートブロック製の人工リーフが建設されました(長さ50mと100mのものが合わせて13基)。

 「リーフ」というのは、サンゴ礁のことです。サンゴ礁は水面下にありますが、陸に打ち寄せる波の衝撃を和らげる効果があります。ところが、同じような効果のある人工構築物を海の中につくろうとすると、消波効果を出すためには幅100m以上もある構築物の帯を浜と平行につくらなければならないそうです。それでは災害復旧事業では手に負えないくらいの費用がかかるため、今回の構築物は、それほど費用をかけずに同程度の消波効果を持たせるよう、幅が狭いけれども水面下に沈まないものが砂浜に造られました。

 満潮時にだけ水面下に沈む設計ですので、砂浜を見渡しても目立つ構築物ではありませんが、近くへ寄ってみると、砂浜がなくなってしまったことがよくわかります。アカウミガメは、コンクリートの護岸のあるところでは産卵しようとしません。人工リーフを回り込んで砂浜を見つけてくれるといいのですが。子ガメが孵化するころにはコンクリートブロックが砂で埋もれてくれるといいのですが。

(写真は、以前は波打ち際だった場所に出来た人工リーフ。2006年4月21日干潮時撮影)

20060529125638.jpg

posted by みやざきの自然 at 17:34| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

ヒュウガアジサイ

木佐貫 篤(2006年 05月 25日)


20060525010534.jpg

 梅雨といえばアジサイ(紫陽花)。今年5月は日照時間が短く、梅雨入りを思わせるような天気が続いている。そんななか、こなら亭のヒュウガアジサイが咲き出した。このアジサイは、植物学者として著名な南谷先生からいただいた苗である。

 このアジサイは、つねに水しぶきがかかるような沢沿いに育つという特徴がある。こなら亭では、常に水を欠かさないつくばいのそばに植えたところ、定着して少しずつ大きくなり、今年3年目にして初めて花が咲いた。

20060525010647.jpg
posted by みやざきの自然 at 15:24| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

ハマゴウ

林裕美子(2006年 05月 03日)


20060503214250.jpg

 7月から9月にかけて、紫色の花が咲き、10月になると直系5mmほどの球形の黒い種をつける海岸植物です。昔はこの種を集めて、ソバ殻の代わりに枕に入れたそうです。葉も種もユーカリのような独特の芳香があります。古くはお香としても用いられたため「浜香」と名前がついたと言われています。

 東アジア原産ですが、1980年代半ばに、園芸装飾用および海岸の砂をつなぎとめる目的で、アメリカに持ち込まれました。1990年代半ばには、旺盛な繁殖力で固有の砂丘植物を駆逐し、東海岸ではウミガメの子ガメの孵化にも支障をきたすようになりました。サウスカロライナ州にはハマゴウ対策を考える組織があり(The South Carolina Beach Vitex Task Force)、駆除対策を模索するための活動を行なっています。一般市民には、パンフレットで以下のような呼びかけをしています。     http://www.beachvitex.org/

1.ハマゴウを庭木として植えないで下さい。当組織に連絡を下されば、庭木に適した自生植物のリストを差し上げます。
2.当組織が主催する「自生植物見分け方講座」にご参加ください。自生する植物とハマゴウとの見分け方を覚えてください。
3.ハマゴウを見かけたら当組織にお知らせください。自分で抜いて駆除しないで下さい。当組織では、ハマゴウがどこまで広がっているかを調べています。ハマゴウを見た場所をメモして、ご連絡ください。
4.ボランティア募集中!! 浜を見回り、ハマゴウ対策をたてるためのプロジェクトを手伝ってくださる方を探しています。ぜひお手伝いください!

 日本の浜にもさまざまな外来植物が繁殖していますが、ハマゴウがアメリカで駆除の対象になるようなやっかいものになっているとは意外でした。外来植物は持ち込まないことが一番ですが、人や物の行き来がこれほど激しいと、どうしても移動が起きます。問題が起きたときに、まず調査を行なう姿勢は見習いたいです。
posted by みやざきの自然 at 17:32| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

多古羅川渓谷ウオーキング

坂元守雄(2006年 04月 25日)


20060427222949.jpg

 4月の23日、綾南林道、つまり多古羅川沿いの林道を歩いた。この林道は、県道宮崎・須木線を綾町から小林市須木に入って、さらに約3キロ上流で県道と分かれ、大森岳の尾根に沿ってその直下を北上する。延長約10キロの渓谷の道であるが、当日は入口から3キロ程度を往復した。

 この林道は、昭和のはじめに設置された森林軌道の跡という。多古羅川周辺の森林は、戦後の拡大造林政策推進時も綾営林署管内では真っ先に伐採・植林が行われたといい、最盛期は小学校の分校もあったという。そのような歴史の一端を聞き、その目で渓谷の林相を眺めれば、この周辺は奥山でありながら、ずっと古くから人との関わりがあったところのように見える。

 大森岳といえば今では綾の照葉樹林を連想する人も多くなったのではないか。正確には、綾の照葉樹林は大森岳の南東稜に広がる。南東稜以外の大森岳は大体スギ、ヒノキの人工林になっている。綾の照葉樹林プロジェクトが復元計画を掲げたのも、その広大なスギ、ヒノキ林を照葉樹林へ戻すためである。それでは多古羅川渓谷周辺はどうかというと、大まかには、山地はスギ、ヒノキ林、渓谷周辺は照葉樹、落葉樹の混交林である。林道沿いは照葉樹の大木が目に付くが、林道から見下ろす多古羅川の両岸には、アカシデやカエデなどの落葉樹が多く、中には大木の林立も眺められる。春から初夏にかけての照葉樹の新緑の眺めはすばらしいが、それに落葉樹の新緑が混じると、また一段と新緑は明るく華やいで見える。このように、多古羅川渓谷の眺めは、渓谷の地形なども併せ、綾の森では他にない特異なすばらしい景観といえよう

 多古羅川渓谷は、落葉樹が多いので秋の紅葉の季節には、また綾の照葉樹の森では見ることのできない装いを見せるのであろう。夏には河原に下りて清流と遊び時間を過ごしてみたいと思う。林道は平坦で道幅も4,5メートルあり歩きやすい。ゲートがあるが車は置いて入ればよい。森林浴には最適のウオーキング道である。
posted by みやざきの自然 at 16:38| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

こなら亭オープンガーデン

木佐貫 篤(2006年 04月 23日)


20060423220350.jpg

 今日(4月23日)は、年一回のこなら亭オープンガーデンの日。

 雑木の庭の魅力を知っていただきたく始めたこの催しも今年で8回目。始めた頃はオープンガーデンなんて珍しいことでしたが今では結構あちこちでなされています。
 しかしお庭の公開というと花壇の花いっぱいの庭などお花中心の庭が多いのですが、うちは雑木がメインの庭なのでちょっと印象が違っており、見学の皆さんへのインパクトも随分と違うようです。

 お客様は、それぞれに新緑の緑の匂いにつつまれて、とても快適にすごされていました。毎年、しばらく時間を過ごしていただきたく、飲み物とお菓子(今年はスコーン、チーズケーキとクッキー)を用意してデッキで過ごしていただくよう配慮しています。

 午前中は曇りだったのですが午後からは日差しもさしてまあまあな天気でしたし、お客様も44名とあまり多くなかったので、それぞれにゆっくりと過ごしていかれたようでとても満足。中には昨年来たかったけど場所が分からず1年越しで来ました、というかたもあれば、毎年来るのを楽しみにしています、というかたも。

 それぞれの人との出会いも楽しい年1回のお楽しみ日、無事に終わってほっとしています。

 なんだかんだいっても、きっと来年もするんだろうなあ。

20060423220455.jpg

posted by みやざきの自然 at 15:21| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

アカウミガメが近づいてきました

岩切康二(2006年 04月 14日)


 今年もアカウミガメの季節が近づいてきました。

 宮崎県では1975年より、宮崎野生動物研究会においてアカウミガメの調査保護活動が行われてきました。全国的に見てもアカウミガメの調査としては最も早くから始められており、それが現在まで続いている数少ない団体の1つです。

宮崎野生動物研究会 http://www.m-yaseiken.org 

 宮崎の海岸は全国でも有数のアカウミガメの産卵地ですが、海岸の浸食や、それに伴う護岸工事等により安泰とはいえません。今後どうやって浸食を食い止め、そしてアカウミガメの産卵地を保護していくかが、重要な課題となっています。

 今年は何頭のアカウミガメがやってきてくれるでしょうか。
posted by みやざきの自然 at 17:31| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

AOSHIMA

芥川仁(2006年 04月 08日)


20060408193010.jpg
写真(上)撮影06年4月7日
ハマダイコンの花が満開。

20060408193837.jpg
写真(上)撮影06年4月7日
ハマビワの新芽が、一斉に伸びている。

写真(下)撮影06年4月7日
心なしか波の打ち寄せる鬼の洗濯岩にも春の気配を感じる。
20060408194229.jpg
posted by みやざきの自然 at 16:35| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。