2007年02月12日

早春の照葉樹林

坂元守雄(2007年 02月 12日)


 2月のこの時季、綾の森は全体的には濃い緑色に沈んでいるように見える。ただ陽の向きによってそれらは変化する。逆光で見ると、陽をうける高木は照葉樹特有のきらきらと輝く光を放つので、影の部分は濃緑に、光る部分は灰白色に見える。午後の陽が傾きかける頃が、森は最も強く光り輝く。しかも1年のうちでこの時季が最も照葉樹らしく森を光らせる。

20070212100847_2.jpg

 綾の森で人の干渉がほとんど及んでいない場所がある。と言っても原生林ではない。綾南川と綾北川は大森岳周辺の10kmほどは連続したV字谷を形成している。V字谷の最下部、川に接する部分はほとんど人の手が入っていない。V字谷の斜度は40度〜60度といわれているので、この部分の斜度はどこでも60度前後であろう。その険しい斜面で樹齢200年を超えると思われる大木を見ることがあるが、それは極めて珍しい。ほとんどの樹木は樹齢が若く、それに、照葉樹のなかに落葉樹がよく目に付く。つまり、照葉樹林としては未成熟の森である。

20070212100938.jpg

 写真の場所は、綾南川の南面の谷で、谷川からほぼ垂直に崖が立ち上がっている。樹木は他の場所では見られない鮮やかな緑色を見せている。クスノキの群落のように見受けられる。その間に落葉樹が進出しているが、多分、ニレ科のムクノキかエノキもしくはハルニレであろう。すでに若葉の萼を赤く色づかせている。ここは人の干渉はないものの、風雨のほかに上部からの土砂崩落に始終見舞われる自然条件の最も厳しい場所であることがわかる。そんな場所でやむなく世代更新をしながらも、照葉樹の常緑広葉樹も照葉樹の隙間に進出した落葉広葉樹も、悪条件に耐えながらそれぞれの存在を誇示しながら生きていて、早春の森のドラマを見せているように思われる。
posted by みやざきの自然 at 16:52| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

春の訪れ

木佐貫 篤(2007年 02月 05日)


20070206002538.jpg

 昨日は立春。日中は3月なみの陽気まで気温が上昇したらしく、暖かな一日でした。

 庭掃除をしながら、こならの落葉を片付けていたら、ミツバツツジが花を咲かせているのに気付きました。このミツバツツジはこなら亭で春一番最初に花をつけるツツジです。毎年2月頃のまだ寒い時期から花が咲き始めます。

20070206002639.jpg

 暖かな庭のつくばいには、様々な野鳥達が交代で水浴び・水飲みに来ていました。ジョウビタキ、ツグミ、モズ、シロハラ、キジバト。彼らにとってもほっとする暖かさだったことでしょう。
posted by みやざきの自然 at 15:58| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。